2006年08月24日

不快なニュース

日経新聞の18日夕刊に載ったという
作家の坂東眞砂子さんのエッセイ。。

ネットでしか見ていないのだけど、この人は猫を飼っていて
その猫には避妊手術をしていないらしく、生まれた子猫を
殺しているらしいです。

避妊手術をする権利はないからとか書いてあったようです。

手術する権利はないけど、生まれてきた子猫を母猫からうばい
処分する権利はあるのでしょうか?

なんか矛盾しているなと思う。


うちのにゃんこたちは、みんな手術しています。
生まれてきた子猫を責任もって、最後までみてあげることができないからです。
猫に手術するのは、本能を切り取るようでかわいそうなのでしょうか?

生まれてくる子猫は処分されてもかわいそうじゃないのでしょうか?

手術するのがかわいそうで、生まれて来たこたちを処分施設に連れていったり、捨てたりする人もこの作家と同じ感覚だと思う。。


この作家が書いた本は、絶対に買わないです。
posted by るな at 21:38| Comment(4) | TrackBack(1) | ☆日々思うことなど☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。