2006年07月02日

ディロン 最終回

ブログではとびましたが、ずっと見てました。

最終回は、哀しいことになるのかなとドキドキしてたけど、
とりあえず哀しい終わり方ではなかったので、よかったです(^^)

同居していた義母が、脳梗塞で倒れてリハビリ生活になります。
ディロンがセラピー犬ということで、ディロンと一緒にリハビリすれば
よくなるとがんばるのですが。。。

犬がよくしてくれると思っているようで、なかなかよくならないことに
怒ってしまいます。

セラピー犬は、あくまでもお手伝いなのでは・・・と思うのですが。

そして、ディロンもだんだん老いてきて、、獣医師に これから調子が悪くなったりすることも
多くなるので、気をつけてあげてくださいと言われます。

人間よりも、やっぱり先に逝くので お別れのときは必ずきます。
辛いし、考えたくないけど、一緒にいるときを大事にすれば そのときが来ても後悔はないですよね?

ドラマの中でも、「虹の橋」が出てきました。。ちょっと涙でしたたらーっ(汗)

ドラマの動物愛護施設の係の人が「ここに連れて来たらなんとかしてもらえると思われたら困るんだ」と言ってましたが、まったくそのとおりだと思います。

この間のニュースで、捨て犬、猫を半減するとあったけど、、
引き取ってもらえたら、施設の人が次の飼い主を探してくれると思って
連れて行く人もいるかもしれないなと。。
そういう甘えた考えの人が減ってくれないと、意味がないかなと思います。


kira0701.jpg
キラくんは、うちに来て幸せなのかな?
ちょっと、目つきの悪い キラですあせあせ(飛び散る汗)
posted by るな at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | ☆ねこにっき☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドラマは見てないけど、ちょうど原作を読んでいるところです。ドラマも見たかったな〜。DVDが出たらいいけど。
動物の優しさを、自分の都合で解釈したり、あてにするのはやっぱり違いますね。
Posted by hiroyone at 2006年07月03日 00:53

るなちゃん、こんばんは^^
ドラマを見ていなかったですが、
哀しいラストではなかったようで
本当に良かったです。

動物愛護施設に連れてくれば何とかしてくれるなんて 
自分を悪者にしたくない逃れだと思います。
その辺に、捨てることとなんらかわりない無責任だと
認識すべきなんでしょうね。

キラ君は、間違いなく幸せですよ(^-^)
もちろん フクちゃんもねねちゃんも、くまちゃんもね^^

Posted by ゆうゆ at 2006年07月03日 19:58
何かに頼る人は回復しないですよね。やはり本人の心次第ですもんね。

わんにゃんも、愛護施設とか、ボランティアさんのお家の前においていったり・・なんとかしてくれるなんて無責任すぎますよね。

るなさんのにゃんずはとっても幸せにゃん^^

先日の「動物・・・」やってました!ベッドで横になって見ていたので、途中で寝てしまってました(^^ゞ
Posted by Miu Cat at 2006年07月03日 20:27
☆hiroyoneさん
本があったんですね〜(^^)
ドラマ、ほのぼのしているところもあり
深いところもあり、なかなかよかったですよ♪

☆ゆうゆさん
施設にひきとってもらったら、あとのことは知らないという人が多いんですよね。。
うちのにゃんこたち、幸せなのかな☆
みんなが幸せになるといいですね(^^)

☆Miu Catさん
セラピー犬がなんとかしてくれると思って、治らないとその犬のせいにしてました(ドラマでは)
動物は、純粋な心で人を信じるだけなんですよね。
「動物病院」の番組、なかなかよかったのです。
またブログに書きます〜♪
Posted by るな at 2006年07月06日 20:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。